title-%e3%80%8c%e8%a9%a6%e5%90%88%e3%81%ae%e5%89%8d%e6%97%a5%e3%81%ab%e8%b6%b3%e3%82%92%e7%97%9b%e3%82%81%e3%81%9f%e3%80%8d%e8%b1%8a%e5%b3%b6%e5%8c%ba%e5%8d%83%e6%97%a9%e3%83%bb%ef%bc%96%ef%bc%90%e4%bb%a3

「試合の前日に足を痛めた」豊島区千早・60代女性・主婦

バドミントンを30年趣味で続けている60代の主婦の方。

明日はバドミントンの大会。

練習中の試合中に足をひねって転倒してしまい、動けなくなってしまったそうです。

チームのメンバーに「明日試合だからもう安静にした方がいい」と言われ、その後の練習は中止したそうなのですが

やはり明日試合だから芳先生に診てもらっておいた方がいいよとすすめられ、

痛めてから3時間後に施術にいらっしゃいました。

院長がみたところによると、「肉離れ」はしていないようで

「無理しない程度であれば試合は出れるでしょう」との診断。

捻った足の処置をおこない、全体の筋肉を施術しました。

とにかく今日はゆっくり休んで静養することをアドバイスしました。

火曜日に来院されたのですが、大会は出場できたそうです。

試合も欠場することなく、無事終わりましたとおっしゃっていました。

でも、バドミントンはケガの多いスポーツ。

捻った足が肉離れなどを起こすと今後バドミントンができなくなることもあるのです。

練習前と、特に練習後はしっかりとストレッチをして筋肉をあたためてほぐしておきましょう(*^▽^*)

 

大会の前日はついつい緊張や不安からうっかりとケガをしてしまうことがあります。

気を付けてくださいね!!

 

何か困ったことがあったらいつでもご相談ください。

                                  院長