title-%e3%80%8cweb%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%80%8d%e3%83%90%e3%83%89%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%b3%e3%81%a7%e5%a4%aa%e3%82%82%e3%82%82%e3%81%ae%e8%a3%8f%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%84%e3%83%bb30%e4%bb%a3

「WEB相談」バドミントンで太ももの裏が痛い 練馬区在住・30代女性・専門職

今日はweb(LINE)相談の患者様のお話です。

バドミントンをして前足を踏み込んだ時に太ももの裏が伸びきったようになってしまい

痛めてしまったようです。

今のところツッパルような感じはあるのだけど歩けるようです。

「こんなとき安静にしている以外、自宅でできることはありますか?」という患者さんからの問い合わせでした。

web(LINE)相談では内容を確認してから院長と副院長が直接返信するという仕組みになっております。

このように急性期のスポーツで起こった痛みの場合、まず考えなくてはならないのは「肉離れをしていないか?」ということです。

 

患者さんが「歩ける」「患部が熱く腫れていない」ということを確認してから肉離れではない?ということを想定して

「ストレッチすること」

「お風呂でよくあたたまること」

以上の事をアドバイスさせていただきました(^^)

痛みのある患部のストレッチはきつくしないように優しくすることを補足ししました。

2~3日経ってまだ痛みが残っていたら診せに来てくださいねと伝えました。

 

このように相談は無料で24時間年中無休で対応していますのでお気軽にご連絡ください。

返信は時間がかかる場合と、電波状況においてはすぐにという訳にはいかないこともありますので

その点はご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

                               院長&副院長