title-%e6%98%94%e3%81%ae%e5%8f%a4%e5%82%b7%ef%bc%88%ef%bc%9d%e9%aa%a8%e6%8a%98%ef%bc%89

昔の古傷(=骨折)

私は20代のころ骨折をした(^▽^;)

左腕を骨折してしまったのだ。

骨折した直後や数カ月はリハビリしたりマッサージしたりするものだが

人間は時間がたつと忘れる生き物で

痛みなどが出てこないとメンテナンスしようと思わないものだ。

私の場合もそうで、骨折したところがいまどんな状態になっているかなんて

考えもしなかったことだ(^_^;)

最近、清水先生の練習台になることが多いのだが

昨日院長が私の骨折箇所の事を思い出して

「これは清水先生のいい勉強になる」と。

左右の腕の筋肉の状態を触診してみたり、上腕骨の骨頭の動きを確認してみたり

両腕を同時に挙げてあがり具合を確認してみたり。

そしたら明らかに骨折した方の腕の方があがらなくなっていました(^^ゞ

筋肉も萎縮だの硬結だの…それはもうひどいものです(-_-;)

ここ2ヶ月くらい毎日ストレッチやダンスなど結構頑張っていてきづいたことは

「左の動きが右に比べて悪い!なぜだ??」ということ。

今回院長に言われてはっきりとしました。

骨折の後遺症!!

20年前の骨折、その後のケアを全くしてこなかったからだってことに

やっと気が付きました。

 

過去に骨折した経験があるひとは時々ケアした方がいいですよ!

年を取ってからじわじわとでてくるものです。

痛みはなくても動きが悪かったり、私のように腕を上げたときの左右差が出てきたりします。

このような場合は「芳コース」か、「痛み・疲れ・しびれコース」がおすすめです~

 

気をつけましょう!!