title-%e3%80%8c%e3%82%ae%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%aa%e8%85%b0%e3%81%ae%e4%b8%80%e6%ad%a9%e6%89%8b%e5%89%8d%e3%80%8d%e8%b1%8a%e5%b3%b6%e5%8c%ba%e5%8d%97%e9%95%b7%e5%b4%8e%e3%83%bb%ef%bc%93%ef%bc%90%e4%bb%a3

「ギックリ腰の一歩手前」豊島区南長崎・30代女性・保育士

最近、急に寒くなってきて「ぎっくり腰」の患者さんが増え始めました(^^)

ギックリ腰になってしまってからでは…やはり改善が遅く

一歩手前の状態で来院してくれれば、施術もしやすくなります(*^▽^*)

あまりに痛みが強い状態で来院してもそれは時には逆効果になる場合があるからです。

このぎっくり腰の施術には経験が必要です。

院長は長年、このぎっくり腰の患者さんを多くみてきたのでそこの鑑別がよくできます。

今回来院された患者さんは来院した当日にふとした瞬間に「ギクッ」となってしまったそうです。

両手で腰を押さえながらつらそうな表情を浮かべておられました。

 

院長の診断によると…

ぎっくり腰の一歩手前状態。

氷嚢でまず患部を冷やしてからやさしくゆっくりと施術しました。

このような場合、施術の加減を間違えると逆効果で悪化させてしまうことがあります。

施術後、患者さんはだいぶ楽になったようでした。

今日明日と土日は楽にしていれば大丈夫でしょう(^O^)/

安心されたようなお顔になって帰って行かれました。

 

ぎっくり腰の一歩手前の来院が一番望ましいです!!

お早目にご相談くださいね。

 

                                 院長