title-%e3%80%8c%e6%89%8b%e3%81%ae%e3%81%97%e3%81%b3%e3%82%8c%e3%83%bb%e8%83%b8%e9%83%ad%e5%87%ba%e5%8f%a3%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%e3%80%8d%e8%b1%8a%e5%b3%b6%e5%8c%ba%e9%95%b7%e5%b4%8e%e5%9c%a8%e4%bd%8f

「手のしびれ・胸郭出口症候群」豊島区長崎在住・50代男性・在宅会社員

1週間くらい前から腕の付け根から手の親指にかけてしびれを感じるようになった50代男性。

パソコンを使うときに右腕から手先にかけて手先にピリピリとしたしびれがあるそうです。

痛いという感覚はないようですが、1日中パソコンのお仕事ですから気になるようで

当院のホームページをみて「痛み・疲れ・しびれコース」を受診されました。

院長によると、徒手検査法3種類が陽性であり、今とても増えている症状の

「胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)」であるとの診断でした。

右の首の付け根、最深部の「斜角筋」という筋肉が痛んで神経を圧迫し

手先までのしびれを感じているのでしょう。

この患者様の特徴は「猫背」であること。

猫背がこの胸郭出口症候群を増強させてしまうことはよく知られていることです。

この方のしびれはあと2回くらいの施術で大丈夫のようです(^^)

 

同じように手のしびれで苦しんでいる方がおりましたら当院にご相談ください。

お力になれることがあると思います(^^)

 

                                 担当:院長