title-60%e4%bb%a3%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%83%bb%e3%80%8c%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%85%b0%e3%80%8d

60代男性・「ぎっくり腰」

豊島区在住、60代男性・会社員の「ぎっくり腰」の症例です。

「主訴」

帰宅後お風呂の浴槽に入ろうと思い足をあげた際に腰に痛みを感じた。すぐにしゃがみこんで休んだらしばらくたってから何とか動けるようになった。結局湯船には浸かることができずに寝ることにしたが痛みがだんだんひどくなり、一睡もできなかった。以前から当院を受診していたので、すぐに明日いこうと決めて来院した。ぎっくり腰は過去にも数回経験している。最近仕事がとても忙しくなかなか休むことができずにいて、ずっと腰に違和感を感じていつも腰に手がいっていた。運動もほとんどする時間がなかった。

「痛みの原因と当院の診断」

問診や検査で痛いところを確認すると「右の中殿筋」(右のお尻)に炎症があり、ここが原因で腰部全体に痛みが広がっているように思われる。患者さんは過去に足首を怪我して痛めていたため、現在も動きが悪い。この足首の問題もあってか普段から動くときにバランスを取ろうとして股関節周りの筋肉をたくさん使うため、立っている時や歩行時にとても大切な筋肉「中殿筋」に特に負担がかかって炎症がおきてしまったと考えられる。

「初診時の治療と生活習慣アドバイス」

ぎっくり腰の治療は発生源を探すのが難しく、治療する筋肉の場所や手技中の指圧の強弱を誤ると症状を悪化させてしまうことが多いので細心の注意が必要である。通常はぎっくり腰の痛みの症状が落ち着くまで患部を触らずに冷やして安静にするか、痛み止め等で対応することが多いのだが、当院では長年の経験で得た技術を生かしてぎっくり腰の原因であるトリガーポイントを探し出して痛みをとっていく手法をとっています。

この患者さんは右のお尻(中殿筋)にトリガーポイントができていたので、患部にアイシングをして冷やした後にトリガーポイント治療を行った。同時に背中や下肢も治療して原因である右のお尻をカバーできるようにした。痛みがおさまるまではなるべく睡眠を沢山とって身体全体を休めるように指導した。2~3回の治療で症状は改善されると思われる。

「初診時の患者さんの状態と治療を受けた感想」

今日来た時よりもが少し痛みがおさまり、足を出すのが軽く早くなりました。身体が軽くなって楽になりました。

「2回目の治療」

前回と同様の治療を行った。昨日よりも患部のトリガーポイントが小さくなっていて、7割程改善がみられました。

「2回目の治療後の患者さんの感想」

日常生活時もだいぶスムーズに動けるようになりました。治るような気がして安心しています。

「3回目の治療」

右の中殿筋のトリガーポイント治療を行った後、弱めのストレッチを加えて改善を促進させた。

「3回目の治療後の感想」

もうほとんど痛みは感じなくなりました!こんなに早く治ってびっくりしています。

「4回目の治療」

前回と同様の治療を行いトリガーポイントは消失、痛みもなくなったので患者さんの治療は本日で終了した。

「4回目の患者さんの感想」

痛みが無くなりました!ありがとうございました!次回は痛くなる前に定期的にきます。

※「ぎっくり腰をたびたび発症するという患者さんへ当院からのアドバイス」※

長時間の同じ姿勢は血流が悪くなり、凝りやむくみなどの原因になるので1~2時間に1回はストレッチなどをして身体をほぐすといいでしょう!
特に座りっぱなしのお仕事の方は理想を言えば30分に1回は立ち上がって動きましょう!腰に違和感を感じたらできるだけ早めに当院にお越しください。
違和感のあるままにしておくと突然ぎっくり腰になりやすいので悪くなる前のケアが大事です。気を付けてくださいね