title-%ef%bc%91%ef%bc%90%e4%bb%a3%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%83%bb%e3%80%8c%e3%81%8a%e5%b0%bb%e3%81%ae%e7%97%9b%e3%81%bf%ef%bc%88%e5%b7%a6%ef%bc%89%e3%80%8d

10代男性・「お尻の痛み(左)」

豊島区在住、10代男性・中学生の「お尻の痛み(左)」の症例です。

「主訴」お尻の痛み(左)

2週間前にサッカーの練習中、左のお尻に痛みが発生。サッカーの練習中や寝ている時にも痛みが出る。寝て少し時間がたつと痛みが出るが、起床時は痛みはない。我慢して毎日サッカーを続けていたが、さすがに我慢できなくなってきたのでサッカーを休んで来院した。小学生の時に整形外科で腰椎分離症と診断されている。

「痛みの原因と当院の診断」

普段から左足に重心をかけていることが多いため、左のお尻に負担がかかりやすいようである。サッカーの練習後にストレッチ等も行わないので、少しずつ疲労が蓄積して痛みが限界に達し左臀部に痛みが出現したと考えられる。腰椎分離症はあるが今回の痛みの原因はサッカーでの筋肉の疲労によるもので、お尻に(左の中殿筋)トリガーポイントができていることが原因のようです。身体の柔軟性もあまりなく、お尻から下の太ももの裏の筋肉も固まり過ぎているので、お尻(左の中殿筋)をサポートできなくなっているようです。2.3回ほどの治療で痛みはとれるでしょう。

「初診時の治療と生活習慣アドバイス」

左のお尻(中殿筋)にできているトリガーポイントを治療して筋肉を緩めた。傷んだお尻を補助できるように腰から下半身を指圧してストレッチ等も加え柔軟性を出す治療も行った。
初回の治療で左のお尻のトリガーポイントは8割改善した。痛みはでていないが固くなっていた周辺の筋肉も緩んだので中殿筋の負担がかなり軽減されたようだった。
サッカーの練習後は必ずストレッチをして下半身を伸ばして、筋肉に疲労を残さないように指導した。

「初診時の患者さんの状態と感想」

治療後に痛みの出る姿勢をとってもらったが痛みは出なかった。
左足で踏ん張っても力が入らなかった感じがしていましたが、足がとても軽くなって痛みが無くなりました。

「2回目の治療」

前回と同様の治療を行って、お尻にできたトリガーポイントは取れた。左の中殿筋の痛みも取れたので今日で完治した。

「2回目の患者さんの感想」
痛みが完全にとれました!明日からサッカーをまた始めます!

「当院からのアドバイス」
サッカー以外にも運動部の中学生にとても多い症例です。必ずサッカーの練習後は毎回ストレッチをしましょう。運動量が多いとまたお尻に痛みが再発しやすいので、定期的なメンテナンスがいいでしょう。成長期で身体が変化しやすいので規則正しい生活を心がけてなるべく早めに寝て、練習後はお風呂にもしっかり浸かりましょう!