title-treatment

不調改善・免疫つぼコース(旧遠絡(えんらく)コース)

  • 不眠症・自律神経の乱れと自律神経失調症、冷え性の人
  • ストレスが溜まっている人
  • ホルモンバランス(生理痛・生理不順・更年期)を安定させたい人
  • 話をしっかり聞いてほしい、アドバイスをしっかりしてほしい人
  • 薬を飲みたくない、体質改善して内側から健康になりたい人
  • 帯状疱疹後神経痛・CRPSなどの診断を受けた人
  • アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、花粉症に苦しんでいる人
  • お子さんの発達障害・大人の発達障害に悩んでいる人

 

 遠絡(ツボ)療法ってどんなことをするの?

遠絡療法は台湾出身の麻酔科医師 柯尚志(こう しょうし)先生が開発した治療法です。東洋医学の考え方を取り入れ、身体に沢山ある経絡上の経穴(ツボ=気や血の通り道)を医療用のレーザーと木製の押し棒で刺激しながら、病気の原因箇所を間接的に調整して「病院やいろんな治療法を試したけど治らなかったという痛みや痺れ」をとっていくものです。難治性の疾患の方や腰痛・ひざ痛・肩こり・めまい・不眠・といった日常的な症状まで治してしまう副作用のないやさしい治療法です。

3つの特徴
①痛いところには触りません。
②薬や鍼(直接刺す鍼)は使いません。
③患者さんのお話をしっかり聞きます。
施術者は柯先生のもと(旧ペレス・銀座クリニック)で長年修業し、遠絡療法を学んできました。

また、千葉県の木更津東邦病院リハビリ室で遠絡治療を担当し、首・腰・膝・肩の手術後の痛みの緩和、脳血管障害の後遺症・圧迫骨折後の腰痛・めまい・不眠・自律神経失調症・うつ病や認知症の予防などにおいて多くの実績を残しました。(詳しくは推薦者の声のページをご覧ください)

マンガでわかる遠絡療法 ←マンガでわかりやすく説明していますのでご覧下さい。

 

 

日本遠絡統合医療研究所 ←遠絡療法のセミナー等のご案内はコチラまで

治療方法


  • みぞおち(胃のあたり)に木製の押し棒をあてながら胃腸をすっきりさせ、腹部(腰)の血液などの流れをととのえていきます。

  • 頭や目をすっきりさせ、脳神経や自律神経の流れをととのえます。

  • 手のひらのツボ刺激で頭・首などの血流、神経やリンパ、ホルモン、自律神経をととのえます。

  • 足のツボで首・背中・腰などの血液量を増やし、老廃物を体外に排出させていきます。

遠絡(えんらく)療法の特徴

・押されるような痛みはありますが我慢できないほどではありません。いた気持ちいい位の刺激です。
(個人差があります)
・刺激するとまれに赤く跡に残ることもありますが、しだいに消えますのでご安心ください。
・刺激の量は患者さんお1人お1人に合わせます
・3才から90代の患者さんまで施術を行っています。(子供からお年寄りまでOK)
・妊活・妊娠中の女性でも安心して受けられます(マタニティケアもおこなっています)

・生理痛、更年期の症状にも効果があります。女性特有症状に強いです。

人間の身体には水・空気・血液・リンパ液・脳脊髄液・栄養・イオン・ホルモン・そして脳や脊髄、自律神経の神経伝達の流れなど様々なものが体内を循環しています。
これらの流れが停滞しないで循環しているということが「生きているということ」です。
遠絡治療ではこの「流れ」を整えながら患者さんの痛みや痺れ、身体の不調やこころの痛みをとっていきます。
遠絡治療は痛みの原因を局所でとるという考え方ではありません。根本から体質を改善していくので相乗効果で全身の治療につながっていきます。
治療の中で特に重要視しているのが「脳幹・脳神経・第一頸椎・第七頸椎・腰椎」です。
①体内の血流アップ②自律神経を整える③免疫力向上④深い呼吸⑤よく眠れる このようなことができるようになることを目指します!
治療は患者さんと術者が一体になってお互いに信頼しあい、協力し合って行うものです。 小さなことでも悩まずにご相談ください♪

 

頭痛・片頭痛・群発性頭痛・顔面神経痛・顔面麻痺・顔面けいれん・三叉神経痛・帯状疱疹後神経痛(PHN)・CRPS(複合性局所疼痛症候群)・歯痛・顎関節症・眼精疲労・シェーグレン症候群・アレルギー性鼻炎・副鼻腔炎・花粉症・めまい・メニエール症候群・耳鳴り・難聴・喘息・気管支炎・胸痛・動悸・悪心・嘔吐・便秘・下痢、生理不順・生理痛・更年期障害・認知症の予防のための治療・のぼせ・冷え性・自律神経失調症・自律神経の乱れ、アトピー性皮膚炎・発疹・不眠症・うつ病・パニック障害・ADHD、発達障害・PTSD、アスペルガー症候群・全身倦怠感・慢性疲労・糖尿病・高血圧症・低血圧症・血糖値を下げる・脳梗塞後のリハビリ、脳出血後のリハビリ、皮膚病の改善・掌蹠膿疱症・食欲不振・胃腸炎、逆流性食道炎・過敏性腸症候群・肥満症・ダイエット・美容目的・手術後の痛み・陰部痛(骨盤底筋群の損傷)・交通事故の後遺症・全身の痛み・癌性疼痛・腰痛・膝痛・頸肩痛・肩こり・五十肩・手根管症候群・肘痛・ヘルニア・仙腸関節炎・手足のしびれ、手根管症候群・腱鞘炎・アキレス腱痛、かかと痛、足根管症候群、スマホ症候群、VDT症候群、鼠蹊部の痛み、もやもや病、ぎっくり腰、不安神経症、マタニティケア、鼻腔炎、浅い呼吸、息苦しい等…その他難治性疾患・原因不明の症状に効果あり。

 

マンガの作者・年英堂治療院のホームページはこちら