title-sciatica-hip

座骨神経痛・足のしびれと痛み

  • 長年座骨神経痛に悩んでいる
  • 太ももの裏や手足がしびれる
  • ピリピリとした電流のような痛みが走る
  • コルセットを巻いても痛みが軽減しない

 

座骨神経痛・足のしびれと痛み

腰の痛み・しびれの原因としてはこのようなことが考えられます。

・腰の骨の異常(椎間板ヘルニア・すべり症など)
・長時間の不良姿勢からくる筋肉疲労(腰痛、ギックリ腰など)
・膝の異常
・偏平足

痛みの部位と症状

下肢(足)の痛み・しびれ。

芳接骨院・鍼灸院では痛み・しびれの原因を多くの症例から分析し、トリガーポイントに基づいた考えのもと、回復に向けて治療をおこなっています。

 

座骨神経痛と偽座骨神経痛(ざこつしんけいつうと にせざこつしんけいつう)

座骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「座骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、「痛みやしびれなどの症状」のことです。

多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれがあらわれるだけでなく、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。主に椎間板ヘルニア※が主原因とされていますが、大部分は「腰部を治療すること」で改善が見られます。

ところが、当院に来院される患者さんの中に、下肢に痛み・しびれがあるため椎間板ヘルニアと診断されたけれど、腰を治療しても改善が見られないため、相談で来院される方が多くいらっしゃいます。患者さんを触診(腰臀部)すると、筋肉が硬くこっている部分「トリガーポイント」が見つかります。トリガーポイントを圧迫すると下肢に痛み・しびれ・違和感などが響き、座骨神経痛と同じような症状が再現されます。

このような方々には椎間板ヘルニアの特徴である下肢筋力低下や知覚異常などはみられませんが、ヘルニアが原因の座骨神経痛と症状が似ているため、偽座骨神経痛と言われています。このような筋肉の故障は、レントゲン、MRI検査などでは見つからないので、原因不明か別の病名となり、痛みを抱えたままあきらめて生活している方が多く見受けられます。

様々な治療をしても治らず、困り果てて来院される患者さんにトリガーポイントの考えに基づいた治療をすることで、症状の改善に向かうケースが多く見られます。太ももからスネにかけての痛みで悩まれている方は、当院にご相談ください。

※1:椎間板ヘルニアとは、背骨の腰部の椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)組織の一部が飛びだし、椎間板の一部が周辺の神経を圧迫し、腰や足に激しい痛みやしびれなどの症状を起こすことをいいます。