title-low-back

ぎっくり腰・腰痛

  • パソコン、デスクワークが日常である
  • 重い荷物を持ってから調子がおかしい
  • 治療したけど、すぐ元に戻ってしまう
  • 仕事で運転をすることが多い
  • ギックリ腰になった

ぎっくり腰

ぎっくり腰は『急性腰痛』『椎間関節捻挫』とも呼ばれ、腰が急に「グキッ!」となって、激痛が走り動けなくなる症状です。なぜ色々な症状名で呼ばれるかというと、「ぎっくり腰」というのは病名や怪我の名前ではなく『症状名』だからです。関節捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症・腰部椎間板の断裂・腰部椎間板ヘルニア・腰部椎間板症などなど様々な理由から「ぎっくり腰」にはなりえます。

主な原因

・重い物を持った
・急に体を捻った
・過体重
・筋肉の疲労
・姿勢不良

予防

重たいものを持つ時の体の体制や力の入れ方に意識したり、腰に負担のかかる体勢を極力とらないように癖をつけるなどする事で、弱った椎間板を保護することが予防となります。

治療について

診断は、視診・問診・触診という手順でおこないます。当院の治療方法は主に以下となります。

・手技療法(手で触診し、手で治療すること)
・理学療法(患部に低周波や立体干渉波、レーザーなどで治療すること)
・鍼治療、遠絡治療

患者さんの症状にもよりますが、中心となる治療は手技療法です。患者さんとの問診や触診の中で症状の原因を究明していきます。MRI、レントゲン、CTなどの画像に映らない原因が潜んでいる例が今までいくつもありました。その一般的なものが、筋肉疲労からくる筋肉や筋の故障、関節周囲の炎症などです。それらの症状を見極め、上記の治療方法で治療していきます。

腰痛の原因・種類

①長時間同じ姿勢を取って仕事・作業ことの多い方(デスクワーク・パソコン・車の運転・立ち仕事など)には腰痛がつきものです。特に、座っているほうが立っている時に比べて腰に負担がかかるといわれています。

②体の歪みがある(脚を組んで椅子に座るクセがある ・姿勢が悪く片方の肩だけが肩コリがする、肩が片方上がっている) 方は、長時間同じ姿勢を続けて血行が悪くなり、筋肉や靭帯(じんたい)が萎縮してしまったり、筋力が弱くて背骨のS字カーブを支えきれず、腰椎に負担がかかることなどが考えられます。

③運動不足である(腹筋・背筋のアンバランス、大ももの筋肉のアンバランス)方は、 腹筋と背筋の筋力が弱いと腰を支える力が低下していきます。また、筋力差が生じている場合は骨盤の歪みを生じさせます。大ももの前後・内外の筋肉も同様に、アンバランスがあれば骨盤の歪みを引き起こします。

炎症と痛みを伴った腰痛 あきらかな炎症性の腰痛に対しては、まず炎症を鎮めていくための治療を行います。過度な炎症は治りを遅くするばかりか慢性痛の原因となります。
筋緊張性腰痛 筋肉の緊張が原因で起こる腰痛に対しては、原因をしっかり特定し、患者様にとって必要量の刺激により痛みを和らげ治癒へ導きます。
腸腰筋性腰痛 腰痛のタイプの中でも、背骨の前側(お腹の奥)から股関節をまたいで付着している腸腰筋という筋肉の緊張が原因で起こる腰痛があります。
その筋肉が原因で起こる腰痛の場合、仰向け寝が辛い、長時間の座り姿勢から立ち上がるとき腰が伸びない、寝起きに腰が伸びない、腰を反らすと痛い等の症状がみられます。
この腰痛の場合、芳接骨院では腰とお腹に対してのアプローチをします。
長年の腰痛でどこへ行っても善くならなかった方がこの「腸腰筋」の治療で改善した例も少なくありません。
お尻の筋肉由来の腰痛 実は腰痛の中で原因が腰ではなく、お尻の筋肉にある腰痛はとっても多いんです。 芳接骨院では腰痛に対してお尻の筋肉の緊張を緩める治療をすることで多くの方の痛みを和らげてきました。
皆さん、腰が痛いのになぜお尻??という反応をされますが、治療のポイントが意外なだけに皆さん良い結果が出てびっくりされます。
こちらは当院で一番得意としている腰痛です。任せてください!