title-hip

お尻・陰部・肛門痛

お尻の痛み

お尻の痛みは外反母趾の人、座り仕事(デスクワーク)、立ち仕事、営業職で動き回っている人、過去に足首や膝に大きなけがや手術などをして痛めたことのある人、強い捻挫や靱帯損傷などがきっかけになっておこることが多いようです。でも恥ずかしい部分であるのでなかなか「お尻が痛いんですけど…」と訴えてくる患者さんは少ないように思います。それよりも「足が痛い」「しびれる」などのような坐骨神経痛、脊柱管狭窄症・ヘルニアなどと病院で診断されて薬や注射などでも効かない…どうしたらいいのだろう?と来院されるケースが多いです。
病院等で服を脱いでお尻を診てもらうのは中々勇気がいりますよね?
それに手技などで治せる原因だったりする場合お医者さんから「異常無し」なんて言われることもあります。これは間違っているという訳ではなく「病気などの異常が見られませんでした」ということです。

ではこのような場合の原因は何なのかと言いますと筋肉や靭帯による神経の締め付けや骨盤の歪みだと考えられます。
お尻や陰部の周辺にはたくさんの神経が走っており、普段の生活で硬くなった筋肉や靭帯が締め付けるとその周辺や足の方にまで痛みが出て来ることがあります。

芳接骨院・鍼灸院では、悪くなってる部位をきちんと把握しトリガーポイントの原因となる筋肉や靭帯を緩めていく治療を行います。とても多い症例で、当院が最も得意としている分野ですので、ぜひご相談下さい。

肛門痛・陰部神経痛・仙骨痛(仙腸関節炎)

病院等で検査したが治らない、いろんなところに治療に行ったけれど原因不明といわれた仙骨の痛み、陰部の痛み、肛門の痛みでお悩みの方はぜひ芳接骨院・鍼灸院にご相談ください。当院では陰部痛改善の症例の実績が多くあります。
これらは全て下肢の神経からくる痛みで、股間や会陰部が強く痛む症状があって、陰部周辺の神経障害などが原因と言われています。表面の痛みというより「奥のほうの痛み」と表現する患者さんが多いようです。ずっと座っていられない、電気がいきなり走るような痛みがある、美容院などに行けない、長時間座る外出ができないなどとてもつらい痛みです。排便障害のある方もおり、出にくい、残便感があるなどの症状をあらわします。
なりやすい人は個人差がありますが
「座り過ぎの人、真面目な人、自律神経失調症」の方が経験から多いような気がしています。痛みは患部からの神経の伝達で脳の中でも感じ、それが陰部や肛門、仙骨に「痛い」という感覚でおりてきます。痛みの強さは不安や抑圧でさらに増強される場合が多く、昼間よりも夜間の方が強いようです。不眠になり心療内科や精神科を訪れて抗うつ剤を投与されたケースも多々あります。一般に男性よりも女性のほうが多いようです。芳接骨院・鍼灸院では一番患者さんに合った治療方法で改善を目指していきます。