title-traffic-accident-treatment

交通事故治療

  • 事故直後はなんとも無かったが後から辛くなってきた
  • めまい、頚の痛み、頭痛、吐き気、全身がだるい
  • 事故後はよく眠れない、不安だ
  • 事故の痛みをどこで治療したら良いのかわからない
  • 現在他の医療機関に通院しているが治らない

交通事故の直後は大きなケガや痛みなどの自覚症状がなくても、実は目に見えない身体の内部の筋肉が損傷していたり、数日後に痛みを発症し、後遺症に悩まされたりする方が多くいらっしゃいます。
また、病院へ通ってもよくならないムチ打ち、「様子をみましょう」と経過観察している間に、痛みはどんどんひどくなる…つらい…
そんな方、あきらめないでぜひ芳接骨院・鍼灸院へお越しください!

 

YOSHIオリジナルプラン

患者さまに合わせた「YOSHIオリジナルプラン」で対応いたします。
交通事故特有の症状(ムチウチなど)や痛みに対して有効な治療器を使用し、オリジナルの手技療法、鍼灸・遠絡その他の治療の組み合わせでの1日も早い早期回復を心がけています。ケガや痛みの状況、その後の経過などを確認させていただいたうえで、患者様お1人お1人の症状に合わせた治療を経験豊かな院長がおこなっていきます。身体のどこに負担がかかるかを的確に判断し、不調の原因にしっかりアプローチ。患者さんは心にもストレスを抱えていると思われます。事故にあう前より元気になっていただけるようにスタッフ一同真心を込めて対応いたします。

 

病院に通院しながら当院での治療も可能です

通常事故直後は整形外科などの病院でレントゲン検査などを行って診断を受けることになります。骨折や出血をともなった外傷性のケガについては病院でしっかり治療を受けられますが、「むち打ち」が原因となる各種の痛みや症状に関しては、病院とは違った手法による治療も必要となる場合が多く見受けられます。

芳接骨院では、病院へ通ってはいるがなかなか症状が改善しないという患者様について、病院と接骨院と併せた治療(YOSHIプラン)をおすすめしています。どちらも保険が適用されますので治療費も安心です。

 

病院とは違った、接骨院ならではの治療

病院では、「むち打ち」はなかなかよくなりません。レントゲン検査では異常が確認できないので、シップや痛み止めを処方されるだけになることが多いようです。レントゲンに映らなくても、骨は筋肉の極度の緊張により強く引っ張られている状態になっています。
接骨院である当院では、病院とは違うアプローチで治療にあたります。
炎症や過緊張を取り除く初期治療を行い、次は筋肉の表層から深層に至るまで、筋全体の回復を目的とした治療を行います。筋肉の治療後、症状の過程を見ながら骨の歪みを矯正し、神経の痛み(しびれ)を改善していきます。
最後に、筋肉・関節・神経・血流を含む全身のバランスと、自律神経系のバランスも整えていきます。
このように、段階を追ってじっくりと治療していくことが、むち打ち症の根本的な治療となるのです。

 

自覚症状のない事故のダメージ、そのままにしないで

交通事故治療は、基本的には自賠責保険を使った治療となり、通院にかかる交通費や慰謝料、休業補償なども保険会社へ請求することになります。 痛みがあるの病院では、「検査の結果、異常ありません」といわれ、苦痛を抱えたままの患者さんが多いのが実情です。
本人は間違いなく「痛い」のですから、これは治さないといけません。
芳接骨院では、そういった実情を理解したうえで、患者さんの立場にたったアプローチをしております。
交通事故によるダメージは、自覚症状がなくてもどこかにあるもので、きちんとした治療しておかないと数年たってから不調に見舞われることもたくさんあります。

損害保険会社とのやり取りや、患者さまの利益や権利を守るためのサポートもしております。
完治されるまでが、本来の治療です。日数や期間は被害者である患者さまが決めることで、保険会社が決めることではありません。そのことをどうぞご理解ください。
また、お仕事中のケガであれば、労災保険適用となります。事情や当時の様子を合わせて公的機関が判断します。ご不安なことがありましたら、どうぞご相談ください。

 

患者様の声

「むち打ち(頸椎捻挫)」

59歳 男性 タクシー運転手 豊島区在住 M・S様

私はタクシー運転手なのですが、勤務中にナビ操作をしながら運転していた車に40Km位で、停車中の自分の車に追突されました。
診断は頸椎捻挫、腰椎捻挫です。約半年間通院しましたが、先生方には精神面、身体面と、いろいろ相談に乗って頂き助かりました。ありがとうございました。