title-sports-injuries

スポーツ障害治療

  • テニス・野球・バドミントンでの肘の使い過ぎ
  • サッカー、フットサル、バスケットボールでの筋肉の痛み
  • 剣道・空手・レスリング・格闘技での足首のねんざ
  • アキレス腱の痛み
  • ゴルフで腰をひねった痛み
  • ジョギング・マラソンでの踵の痛み、筋肉の疲労
  • 柔道での捻挫・膝の痛み
  • 水泳での肩や腰の使い過ぎ
  • 体操競技での踵やつま先のケガ・打撲や捻挫
  • バレーボールでの打撲
  • ダンスやエアロビクス、スポーツクラブでの筋肉の使い過ぎ
  • ボディビルなどの筋力トレーニングのしすぎ
  • その他多数のスポーツをしておこったケガや痛みなど…

野球やサッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、陸上競技などを始めとしてどのようなスポーツをされている方にもスポーツ障害というのは起こりえるものではありますが、出てくる症状というのはスポーツごとにも異なりますし、同じ症状であっても患者様お1人お1人痛む程度は違うことがあります。
肩や肘、腰、膝、足など、全身色々な部位に出てくるスポーツ障害ですので、しっかりと患者様の症状を把握することが大切です。その上で適切な治療を選択してまいります。 痛みを我慢していると徐々に悪化してしまうことも多いので、早めに専門的な治療を受けることが必要です。自己判断で無理をして練習を続けたりすることはやめましょう。 芳接骨院・鍼灸院では、しっかりと症状を治して早くスポーツに励めるようにお手伝いしていきます。

 

試合前後の筋肉のケアやコンディショニング調整もお任せください

 

未来のアスリート達(小・中学生対象)へのサポートいたします

芳接骨院の院長とスタッフは全員スポーツに強いので、積極的にケガ予防指導などを行っています。なんでもお気軽にご相談くださいね!!柔道・サッカー・野球・バドミントン・空手・マラソン・ボディビルなどに特に強いですよ~!スポーツをしているお子さんをお持ちのお母さん達は要チェックですよ♪

 

 

オーバーユース(使いすぎ)

特に日頃の練習からオーバーユースは発生します。練習とは、その種目に対する運動能力を高める為、またはその技術を習得する為に繰り返し同じ動作を行う運動をいいます。 同じ運動を繰り返すということは、局所的に同一部分を使うこととなります。当然、その部位の筋収縮は何度も行われるので筋肉中の酸素不足が生じた結果、代謝物質が蓄積して筋肉の疲労状態を招き、さらに筋肉の収縮力が低下し、動きのパワーやコントロールが低下していく状態になっていきます。これがオーバーユースです。
疲労状態の組織に能力以上のストレスを与え、さらに無理な動きをしようとした場合、その筋肉や腱、腱付着部、骨、軟骨、関節包、靱帯といった運動器系に微細外傷や炎症が発生し、局所的な組織障害を招いてしまいます。そして、炎症の繰り返しが、さらに組織を悪化させ、局所的な拘縮、変性萎縮、瘢痕形成、変形などにつながり、機能低下を起こします。
その状態でスポーツを継続して行えば、スポーツ障害(肉離れ、脛骨疲労骨折、腱炎、軟骨損傷、腱の付着部のはく離骨折、捻挫、筋断裂など)を発症する可能性が高くなります。
大切なのは次の練習までに疲労を蓄積させた状態のままでいないように、クールダウンを しっかり行う事です。翌日に痛みが強くなっているようであれば、受診をお勧めします。

 

応急処置の方法

まず何らかしらの怪我(ぶつけた、捻じった、伸ばした、転んだ等)をすると、その損傷部分(筋肉・靭帯・腱・関節包などの軟部組織)の毛細血管から出血を起こし炎症が発生します。
これを腫脹(腫れ)といいます。腫れには様々な出現の仕方があり、怪我をした直後から「ピンポン玉」のように腫れるものもあれば、しばらく運動を継続できるが徐々に腫れが出てきて、少し時間をかけて痛みの為運動が出来なくなる場合など様々です。
応急処置のポイントは、とにかくどんな怪我であっても受傷直後(30分以内)に正しい処置をする事です。そして腫脹(腫れ)をどれだけ抑える事が 出来るかがポイントとなります。 これらの処置が行えることで最短で治癒を迎える事ができ、競技復帰を早める事につながるのです。

 

スポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ障害には、大きな力が加わることによって発生するスポーツ外傷と、繰り返される運動によって積み重なってその結果痛みが出てくるスポーツ障害があります。 スポーツ外傷は脱臼、骨折、捻挫、肉離れ、筋断裂などがあり、スポーツ障害は、シンスプリントや疲労性骨折などが有名です。
スポーツ外傷は短期的なものですが、スポーツ障害の多くは、長期間の誤ったフォーム、トレーニング方法であったりオーバーユース(使いすぎ)によるものがほとんどです。
芳接骨院では、このようなスポーツ外傷やスポーツ障害でお悩みの方に最善な治療法、そしてその後のリハビリまで責任をもって治療させていただきます。

 

体内のコンディショニング調整

好きなスポーツをずっと続けていくために定期的な全身チェックに加え、ケアも充実しています。

患者様の声

「スポーツ(マラソン、自転車、卓球)」

36歳 男性 会社経営 江戸川区在住 K・K様

私は10代の頃からスポーツをしてきて特別故障持ちという訳ではないのですが、マラソンのレースに向けたポイント練習の後や卓球のマシンを使った練習の後は足腰に張りが出やすく、1年ほど前から芳接骨院に通っています。
こちらのスタッフの方々とは以前から縁があり、とてもよくしていただいています。
聞けばスタッフ総出でマラソン大会に出場したりする事もあるそうで自然と話も弾みます。
院長は知識豊富で話しやすいのも特徴です。