title-%e3%80%8c%e3%83%94%e3%83%ab%ef%bc%88%e8%96%ac%ef%bc%89%e3%82%92%e6%ad%a2%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%84%e3%83%bb%e7%94%9f%e7%90%86%e7%97%9b%e3%83%bb%e5%8d%b5%e5%b7%a3%e5%9a%a2%e8%85%ab%e3%80%8d%ef%bc%92

「ピル(薬)を止めたい・生理痛・卵巣嚢腫」24歳女性・練馬区氷川台・会社員

本日の患者様

練馬区氷川台にお住いの24歳女性会社員です。

「えんらく治療」を受けに来られました。

中学の頃から生理痛がひどくて、痛みがひどいと何もできなくなって学校も休むくらいつらく、

18歳ごろからは我慢できない位痛くなり、産婦人科に行ったら「卵巣嚢腫」と診断されたそうです。

お医者様からは手術をすすめられ、20歳で卵巣嚢腫の手術をしたそうです。

術後…治療薬として低用量のピルを処方されたそう。

以来、24歳の現在までずっとピルを飲み続けていました。

手術をして薬を飲んでからは生理痛はほとんどなくなったようです。

痛くないからラクにはなったけど

ずっとピルを飲み続けて大丈夫なのだろうか??

これから結婚して子供でもできたら影響はないのだろうか?

将来自分の身体にも悪いのではないか??

色々なことが頭に浮かぶけれど…それよりまた昔のようにお腹が痛くなって今の仕事を休むようになってしまったり

そのことの方が怖くなって(^▽^;)ずるずるとそのまま4年たってしまったそうです。

この患者様はお母さんの紹介で来られたのですが、一か月前ほどお母さんが治療にみえた時に真剣に娘さんのピル停止について

ご相談がありました。

「どうしても止めさせたいんだけど…由美先生、力になってくれませんか?」と。

それからしばらくして娘さんが治療にみえ、私も真剣に説得しました(*´ω`*)

「どうしても病院の先生に言いにくければお母さんに一緒に行ってもらってもいいんじゃない?」とアドバイスもしました。

数日たって…連絡がありました。

「1人で病院に行きました。ピル止められました!意外にすんなり(^▽^;)

でもこんなにすんなりだったらどうして4年間も先生は止めてもいいよと言ってくれなかったのだろう(^▽^;)なんて思っちゃった…」

即日ピルを中止し、翌月の生理も1週間位遅れたけれどちゃんと来たそうです。

生理中の痛みもそれほどではなかったそうで私も自分のことのように安心しました。

4年前の自分と今の自分…生活環境って全然違いますよね?

この患者さんも4年前は大学生で、ほとんど運動もせずに不規則な生活を送っていたそうです。

でも今はしっかりと働いて社会人になって3年目。

運動も定期的にするようになって食生活も改善し、からだも温めるようになった。

彼氏もできて将来は結婚も約束している。

そして「えんらく治療」も定期的に受けている(笑)

きっともう大丈夫だっていう思いも後押しして生理痛もなくなったんだと思うのです(^^)/

 

ピルなどの痛み止め薬、やめて体質改善していきたい

生理痛・生理不順・冷え性を改善したい

そんな女性がいたら一度私にご相談下さいね♪

一緒に考えていきましょう~!

 

担当:由美