title-%e3%80%8c%e3%81%8e%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%82%8a%e8%85%b0%e3%83%bb%e5%af%9d%e8%b5%b7%e3%81%8d%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%84%e3%83%bb%e5%ba%a7%e3%82%8b%e3%81%a8%e7%97%9b%e3%81%84%e3%80%8d%ef%bc%94%ef%bc%98

「ぎっくり腰・寝起きが痛い・座ると痛い」48歳女性・豊島区南長崎・パート

本日の患者様。

48歳立ち仕事がメインのパートの女性です。

2~3日前から急に腰が痛くなって日常生活に支障が出てきたようです。

寝起きが痛い

寝返りがつらい

座ったり立ち上がったりするときが痛い…

もともと腰痛もちだったそうです

そして運動は苦手(^▽^;)

今もあまり運動はしていないようです。

「こんなに腰が痛くなったのは初めて!」と

足をひきづって不安そうな表情で来院されました。

お仕事が人手不足で休めないとのことで

常に立ち仕事・中腰の姿勢や重いものを持つことも時々あるようです(;´∀`)

今日も仕事を抜け出して治療に来られたので

責任感の強い方だなあ~と思いました。

「今から治療してどうしても今日一日を乗り切らなければならない」

とのご要望でしたので

急性期の腰痛治療に対応している

「トリガーポイント治療」を受けてもらうことになりました(^^)

問診中、椅子から立ち上がる姿にとても不安がありましたが

治療後はその動きが来た時よりも早くなって、ご本人も「腰が安定している」とおっしゃってくれました。

 

急性期の時は必要があれば患部を冷やして、痛んでいる筋肉の周辺を治療して

痛んでいるところをかばえるようにします。

それももちろん個人差がありますので、院長がしっかりと触診して理学検査を行ってから

どのように治療すべきかを判断します。

しっかりとどこが悪いか

どこに原因があるか

患者さんご本人にお話してから治療をはじめますので心配ありません(^^)

 

本日の患者様

これを機にしっかりと腰を治して

再発しないようにしたいと言ってくれました(^^)

 

「痛み」とは「もう限界だよ、これ以上無理しないで」というSOSのサインです。

皆さん痛くなると早く痛みから逃げたいために、少しパニック状態になりがちです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

でも、休んだり治療を続けていけばしっかりと治っていきますので

大丈夫ですよ!!

 

お気軽にご相談下さいね~

一生懸命頑張って治療させて頂きます!!

 

担当:院長